赤ちゃん・お母さんのために妊活~妊娠中200人の女性の声から生まれた葉酸サプリ!
↓↓↓↓↓↓↓
一番お得な定期購入はこちら
ママニック

実際に摂取してみた人たちの体験談を参考に!

ママニック 葉酸サプリ 芸能人

妊娠中の葉酸の必要性は厚生労働省も認めているのをご存知ですか。妊娠前から葉酸を積極的に摂取をしていると、胎児の先天性異常のリスクを軽減することができたり、妊娠初期には神経管閉鎖障害(無脳症・二分脊椎)のリスクを軽減することができると言われています。妊活中の女性にも葉酸はお勧めな栄養素なのです。

芸能人のブログなどでよく紹介されている葉酸サプリ「ママニック」は、できるだけ品質の良いものを摂取したいという女性に人気のサプリです。吸収率が良いモノグルタミン酸型を配合し、鉄分やカルシウムも入っています。また、29種類のビタミン、ミネラル、アミノ酸も含まれていますし、8種類の国産野菜エキスも入っているだけではなく、女性に嬉しい美容成分が8種類も配合されています。合計48種類の栄養素を1日4粒で補うことができるので、手軽に摂取することができるでしょう。また、妊娠時のつわりは女性にとってとても辛い時期ですが、葉酸はつわりを軽減する効果にも期待ができるので積極的に摂取したいですね。

ママニックは、つわりの時にも飲みやすいサイズで作られているので、無理なく続けることができます。妊娠を望んでいる女性や妊娠中の女性、また授乳期のお母さんにも葉酸サプリは欠かせません。

ママニック葉酸サプリMenu

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期をしる「タイミング療法」でトライしてみました。料金は1回2800円で安価でしたが、即、妊娠できるという所以でもなく、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。相乗効果なのか、ほどなくして赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。一般的に女性は妊活中にお酒を飲向ことがないよう言われるのが普通です。なぜならば、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠が分かっていない時期に、お酒が胎児に影響しないようにするためです。そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり冷えを引き起こす原因となるため、妊娠の確率を上げるためには避けるべきものだからです。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、オナカの中で体の器官を造り上げていくのですが、葉酸は、この時に重要なはたらきをします。必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。総合サプリの選び方で悩まれている方は、信頼出来る粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリを選んでみましょう。アロマと言うものは心と体の調和を整える効果がありますから、妊活にも効果があります。待合室にアロマをつかっているような病院さえ登場しているぐらいです。ローズのアロマは、妊活中の女性に人気を博しています。ローズのアロマオイル(精油をキャリアオイルやアルコールといったもので薄めて、香りを楽しむのに使います)はホルモンバランスを調整し、不妊の原因となるストレスの解消に役立ちます。心配事を打ち消して、女性ホルモンを分泌させる作用があるイランイランもおすすめです。葉酸が多くふくまれている野菜についてですが、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べてみた方が良いと思います。葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。とはいえ、毎日数多くの野菜を摂取するのは大変になります。そんな時には他の食材で補ってもかまわないんです。たとえば納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。ビタミンB群の一つである葉酸は、他のビタミンBと同様に水に溶け出る性質があるため、大量に摂取し立ときも消化管から吸収されるよりも先に尿と共に排出されることもあります。そのことを考えれば、ママニック 葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと意識しながら摂っていかなくてはなりません。葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に身体の中で働くようにしていきましょう。妊娠中の全期間を通して胎児の順調な発育のため摂取を心がけたいのが「葉酸」と言えるでしょう。何といっても「葉」なので葉物野菜、たとえばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、意外なことに、果物にも多くふくまれていて、たとえば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。妊娠中は、通常のほぼ倍にあたる量の葉酸を必要とするので何が葉酸を多く含んでいるか知っておき日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしてください。さまざまな事情で、妊娠してしばらくしてから、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づい立とすれば手遅れと言うことはありません。早急に手を打ってちょーだい。赤ちゃんの発育を助け、健康に生まれてくるために欠かせない栄養素が葉酸です。妊婦に必要な量の葉酸がナカナカ摂れず、葉酸不足の心配があったら、できるだけ早く葉酸を十分摂取できるように自分にできることを考え、それを実行していきましょう。私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。疑い初めたのは結婚3周年を迎える前でした。基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われていて、排卵誘発剤が有効というので試してから、二周期ほどで妊娠できました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。「妊活」、それは命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、必ずしも結果がついてくるとは限りません。そういう所以で、ギブアップする人も少なくありませんが、残念なことだと言えます。成功確率は上がっているので、あまり重く考えず時間をかけて継続するといいでしょう。

ページの先頭へ