赤ちゃん・お母さんのために妊活~妊娠中200人の女性の声から生まれた葉酸サプリ!
↓↓↓↓↓↓↓
一番お得な定期購入はこちら
ママニック

実際に摂取してみた人たちの体験談を参考に!

ママニック 葉酸サプリ 妊娠 1ヶ月前

葉酸は妊娠初期には大変重要な栄養素で、厚生労働省では1日400μgの摂取を推奨しています。この時期は細胞分裂期に当たり、脳や脊髄と言った重要な器官が作られる時期になります。葉酸は細胞が分裂したり、増殖する為に重要な働きをしている為、この時期に不足すると赤ちゃんの先天性異常や自閉症などの原因になると言われています。また出来るだけ妊娠の1ヶ月前位から、続けてこの推奨量を摂る事が勧められています。しかし葉酸は食品に含まれる量が少ない上に、熱に弱く水に溶けやすいなど、推奨量を摂るのが難しい栄養素です。そこでサプリメントによる摂取が、併せて推奨されています。

サプリメントを飲むに当たって、妊娠機に気になるのは赤ちゃんにとって安全である事、そして飲みやすい事だと思います。そこでお勧めしたいのが、葉酸サプリのママニックです。これは1日4粒で、葉酸の1日の推奨量が摂れる、無添加のサプリメントです。しかもこの時期食欲が落ち、栄養が不足しがちなママに嬉しい栄養素や、美容成分も配合されています。元気な赤ちゃんに会うために、妊娠の1ヶ月前からの服用がお勧めのサプリですが、妊活の一環としてそれ以前から飲むこともお勧めです。着床率のアップにも、効果が有るようです。

ママニック葉酸サプリMenu

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要不可欠な栄養素です。なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳しゅうりょうまで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのがいいと思います。どんな人でも続けられ沿うな葉酸の摂取というといろいろあるわけです。いつでも誰でもでき沿うなのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。しかし、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質であり、妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのは毎日のことなので、相当頑張らないといけません。葉酸の摂取量を確保するためにも、上手くサプリメントなどを取り入れていきましょう。飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。みんなはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事でとることです。葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多くふくまれています。あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせずサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのもいいと思います。サプリなんて、と感じる方も居るかも知れませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。大抵、女性に関しては妊活中にお酒を飲向ことがないよう言われるのが普通です。それは何故かというと、どの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかも知れないと考えて妊娠しているという認識がまだない時期に、お酒を飲んでしまい胎児がその影響をうけてしまうことを防ぐためです。また、飲酒が原因でホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)が乱されたり冷えやすくなるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには向いていないものだからです。暑い時期が来ると、思わず「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活を行っている時は普段以上に出来る限り体を冷やす飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。飲み物も重要ですが、その他の生活すべてにおいても、日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。妊娠初期には葉酸が不足しがちと、各種のところで言われています。それにさらに、妊娠の1ヶ月前からサプリなどで葉酸を摂っていくと良いとあなたは聞いたことがありますか?と言うことは、妊娠を考え初めたときが意識して毎日葉酸を摂り初めたい時期だと思ってちょーだい。妊活開始を宣言したらどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。妊活中の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。上の子が男の子でしたから、次の子は女の子がほしいと考えていたからです。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたというりゆうです。無事に妊娠し、うれしいと同時に性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じでどきどきしてしまいました。結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。妊活というものはつらいことも多々あるため心身共に打たれ弱くなってしまいます。妊活も長くなってくるとうつ状態になってしまう場合もあります。ストレスを失くすことが妊娠の成立にとって最も重要でしょう。実際に不妊治療を中断してストレスが排除され、直後に妊娠したという例も多いです。妊活をしたことによってつらいことが多くなってしまうと言うことを避けるために意識してストレスを解消しながら続けましょう。葉酸は加熱によって失われやすいため、食べ物から摂取する場合、調理には注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ちょーだい。それは、可能な限り加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、どうしても加熱の必要がある時にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、早めの加熱調理で終わらせた方がいいと思います。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。妊娠によって日常生活も心理状態も変わるのでその変化が身体にとってストレスとなり、自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)が変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで生じてくるのですが、自律神経の働きが影響しているものでもあるようです。ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減する重要な働きをしているのでつわりの軽減も期待できるわけです。

ページの先頭へ